DTM 音楽 音楽理論

【音楽理論で解説】緊急地震速報の警告音はなぜ怖いのか。作曲者や制作経緯についても解説

投稿日:

●●●
生徒

緊急地震速報の音はなぜ、あんなに怖い音なの?

今日はこんな疑問を解消します。

※この記事では、緊急地震速報のチャイムが流れます。気分を悪くする方はご視聴をお控えください。

緊急地震速報の警告音

まずは、音を聞いてみてください。

みなさん一度は耳にしたことがある、この音について今回は解説します。

緊急地震速報の音の作曲者

まず、緊急地震速報の音にも作曲者がいます。

作曲者は「伊福部達さん」です。

この方は映画「ゴジラ」の音楽を作曲した伊福部昭さんの甥っ子です。

そのため、緊急地震速報の音は、映画ゴジラの音楽から来ていると噂がTwitterなどでも流れたことがあるそうですが、ゴジラの音楽とは直接関係ありません。

伊福部さんがNHKからチャイム制作の依頼を受けた際、5つの条件がありました。

  1. 注意を喚起させる音であること
  2. すぐに行動したくなる音であること
  3. 極度に不快でも快適でもなく、明るくも暗くもないこと
  4. 既存の警報音、チャイム音とも異なること
  5. できるだけ多くの聴覚障害者にも聞こえること

これらの条件をもとにチャイムを分析してみると、緊急地震速報がなぜこの音になったかがわかるでしょう。

①注意を喚起させる音であること

楽譜でみるとこのような音になっています。

 

緊急地震速報 譜面

大きく2つのコードから構成されていますが、素早く駆け上がるように演奏されています。

このように急激にピッチが上がる音は注意を喚起する効果があります。この効果はパトカーや救急車のサイレンでも利用されています。

また赤ちゃんの鳴き声の抑揚が大きいのも、保護してくれる人の注意を引くためだと言われています。

②すぐに行動したくなる音であること

緊急地震速報 構成音

まず、1つ目の条件は「すぐに行動したくなる音であること」

譜面からは一見複雑に見えますが、1つ目のコードを半音ずらしただけです。つまり、全ての音が平行に上がった形になっています。

このように半音ずつ吊り上がった音は、急ぐように促す効果があります。

この効果を使用した有名な警告音があります。

スーパーマリオブラザーズの時間切れ警告音です。

このコードは1つ目の音から3回も半音上がってくるので、急ぐように促すというより、人を焦らせる効果を出しています。

スーパーマリオの警告音

緊急地震速報はそこまで人を焦らせてはいけないので、1回だけ半音上げるだけにとどめているのかと思われます。

③極度に不快でも快適でもなく、明るくも暗くもないこと

次に「極度に不快でも快適でもなく、明るくも暗くもないこと」について分析してみます。

  • 【C7(#9)/G】Cセブンス#ナインス・オンG
  • 【C#7(#9)/G#】C#セブンス#ナインス・オンG#

先ほど解説したように、この2つのコードは半音ずらしただけなので、半音ずれただけの同じ種類のコードです。

まず「セブンス#ナインス」というコードに注目します。

このコードの中にはトライトーンという不安を感じさせる要因になる構成が組み込まれています。

緊急地震速報 トライトーン

ここで試しにトライトーンを無くした緊急地震速報をきいてみましょう。

トライトーンを無くしたことによって不安さが薄れたように聞こえたかと思います。トライトーンの効果により、不安さが増していたということです。

明るいコードと暗いコード

コードというのは明るいメジャーと、暗いマイナーに分けることができます。

  • メジャーコード(明るい)
  • マイナーコード(暗い)
  • その他

このように分類されます。

メジャーコードの3度の音が半音下がることで、マイナーコードになります。

【基礎的なコード理論】メジャーコードとマイナーコードを完璧に理解できる記事

緊急地震速報のコードを見てみると、明るい要素の「ミ」と暗い要素の「ミ♭」が一つのコードの中に混在しています。

つまり、緊急地震速報のコード「C7(#9)/G」は、メジャーとマイナーの両方の要素をもち、最初に提示した「明るくも暗くもないコード」という条件3にピッタリ当てはまって入ることになるのです。

ちなみのメジャーとマイナーの要素を両方持つことができるコードは「7(#9)」ただ一つです。

  • メジャーの明るい要素
  • マイナーの暗い要素
  • トライトーン

「7(#9)」というコードで、これらの要素を同時に表現しようとしたわけですね。

④既存の警報音、チャイム音とも異なること

そして4つ目の条件「既存の警報音、チャイム音とも異なること」を解説します。

コードの形を観察すると、これまでのチャイム音と異なる点が見えてきます。それは最後についてる「オンコード」です。

「/」この記号がついたコードは転回形といい、最低音を変えるというはたらきを持っています。

  • C7(#9)/G→「G(ソ)」が一番低い音
  • C#7(#9)/G#→「G#(ソ#)」が一番低い音

ということを示します。

このように順番を並び替えられた形を「第二転回形」と呼びます。第二転回形は転回形の中でも比較的扱いづらい形で使用頻度は低いです。

ましてや「7#9」という珍しいコードを第二転回形にしているため、日常ではなかなか耳にしない音として印象に残る響きになっているのです。

珍しいコードを珍しい形で鳴らすことで、既存の警報音と差別化を図り、聞いたことがない音を作ろうとしたことが伺えます。

転回形についてはこちらの記事で解説しています。

転回形ってなに?転回形とオンコード(分数コード)の違いについても解説します。

⑤できるだけ多くの聴覚障害者にも聞こえること

最後の条件は「できるだけ多くの聴覚障害者にも聞こえること」です。

  • 低音障害型(低音が聞こえにくい)
  • 高音障害型(高音が聞こえにくい)

聴覚障害にはこのようなさまざまなケースがあります。

条件1でお伝えした通り、この警告音は素早く下から上へ音が移動しているため、広い音域をカバーしています。また明るく抜けない音色を使用しているため、スピーカーであっても抜けない音質で流すことができます。

このチャイムが初めて使用されたのは2006年、テレビ機能付き携帯電話が出始めたのも同時期です。もしかすると携帯電話のような小さなスピーカーで鳴らしても聞こえることを想定していたのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。

今回の緊急地震速報のような効果音1つとっても、作曲者が明確な意図を持って音をデザインしています。

緊急地震速報のチャイムが怖いと思っていた人もその成り立ちや仕組みをわかっていただけたのであれば嬉しいです。

-DTM, 音楽, 音楽理論
-

執筆者:

関連記事

【初心者向け】ベース奏法この4種類は絶対弾けるようになったほうがいいです

今回はベース奏法について解説していきます。 ベースの奏法は4種類あります。 ピック奏法 指弾き スラップ奏法 タッピング奏法 音楽のジャンルや曲の特徴に合わせ、これらの奏法が用いられます。奏法を使い分 …

【DTMをはじめよう!】音楽業界で稼ぐためのデジタルクリエイターの第一歩

現代音楽シーンで、作曲するにしても、レコーディングするにしても、欠かせないのが “DAWソフト”です。DAWソフトとは楽曲を制作するためのパソコン用ソフトのことです。 DAWで …

【Logic Pro X】絶対に覚えておきたい便利機能6選を紹介します

みなさん、こんにちは。 今回はLogic Pro Xの便利機能を紹介します。 とても基本的にも関わらず最近まで知らなかった便利機能も未だにあったりするので、今回、そんな「基本的でありながらスルーされが …
ラルク

【L’Arc-en-Ciel】30th L’Anniversary LIVE 2021 @さいたまスーパーアリーナ

日本を代表するモンスターバンド『L’Arc-en-Ciel』。 結成30周年のメモリアルライブ「30th L’Anniversary LIVE 2021」が、さいたまスーパーア …

【失敗しない】オーディオインターフェースの選び方

オーディオインターフェースとは、声や演奏した音をパソコンに取り入れたり、パソコン内の音源をスピーカーやイヤホンから出力してくれる役割をもち、人とパソコンの”仲介役”とも言える機 …