ブログ 音楽 音楽理論

【音楽の基礎】メジャーコードとマイナーコードの違いとは?どんな特徴があるのか解説

投稿日:2021年1月20日 更新日:

みなさん、こんにちは。

今日はメジャーコードとマイナーコードの違いについて解説します。

曲を作る上で欠かせないコード。コードは、大きく2種類に分けられます。

  • メジャーコード
  • マイナーコード

このメジャーコードとマイナーコードはどういう違いがあるのか見ていきましょう。

メジャーコードとマイナーコードの違い

まず、はじめに結論からお伝えします。

メジャーとマイナー

メジャーコードとマイナーコードの違いはこれだけです。

  • 3度の音の位置
  • 音の響きの明暗

そんな難しい話ではないので、これからそれぞれについて詳しく解説します。

メジャーコードとは

メジャーコードとは、「長三和音」とも呼ばれる最も基本的なコードです。

三つの音によって構成されるコードで、シンプルかつ「明るい響き」を持っているところがその特徴とされています。

例えばコード「C」は

「C」の構成音=ド、ミ、ソ

これが「Cメジャーコード」で、ルート音(ここではド)を基準に考えます。

【度数表記】

‥完全1度(ルート)
‥長3度 (メジャーサード)
‥完全5度 (パーフェクトフィフス)

度数表記とは、「ドレミファソラシ」を数字(度数)で表したもの。
1オクターブは7段階で表され、ルートが「ド」であれば、「レ」は2度になります。

メジャーコードの構成音

メジャーコード構成音はこちら。

  • ある一つの音を「ルート」とする
  • 「ルート」から4半音の音=「長3度」
  • 「ルート」から7半音の音=「完全5度」
  • コードネームには「ルート」の音名をアルファベットを使用して表記する

→ルート音とその音から4つ、7つ離れた3つの音で構成されています。

メジャコードは「長3度」がポイント

メジャーコードは一般的に「明るい」響きを持つコードです。この明るさを左右するのが「長3度」の音です。

メジャーコードについてYouTubeでも分かりやすく解説しています。

そして、マイナーコードは3度の音が「短3度」となります。

それではマイナーコードを見ていきましょう。

マイナーコードとは

一般的にメジャーコードが明るい響きを持っているのに対し、マイナーコードは「暗い響きを持つコード」として扱われています。マイナーコードとは、「短三和音」とも呼ばれる最も主要なコードです。

表記はコードのアルファベットの右下に小文字の「m」で表します。

例えばしコード「Cm」は

「Cm」の構成音=ド、ミ♭、ソ

これが「Cm(シーマイナー)」で、くらい響きになります。

【度数表記】

‥完全1度 (ルート)
ミ♭‥短3度 (マイナーサード)
‥完全5度 (パーフェクトフィフス)

5度の音はメジャーもマイナーも同じなんですね!

マイナーコードの構成音

マイナーコード構成音はこんな感じ。

  • ある一つの音を「ルート」とする
  • 「ルート」から3半音の音=「短3度」
  • 「ルート」から7半音の音=「完全5度」
  • コードネームには「ルート」の音名をアルファベットで使用して表記する

→ルート音とその音から3つ、7つ離れた3つの音で構成されています。

マイナーコードは「短3度」がポイント

マイナーコードは一般的に「暗い」響きを持つコードです。この暗さを左右するのが「短3度」の音です。

YouTubeも併せてご覧ください。

オーギュメント ◯aug

オーギュメントコードは、ちょっと不思議な感じのするコードです。

例えばコード「Caug」は

「Carg」の構成音=ド、ミ、ソ#

これがCaugコードです。

【度数表記】

ド(C)..ルート
ミ(E)..長3度
ソ#(G#)..増5度

コードの安定さを決める5度の音が「増5度」になります。オーギュメントはメジャーコードの5度の音だけを半音上げると覚えます。

オーギュメントコードの構成音

オーギュメント(aug)コードの定義です。

  • ある一つの音を「ルート」とする
  • 「ルート」から4半音の音=「長3度」
  • 「ルート」から8半音の音=「増5度」
  • コードネームには「ルート」の音名をアルファベットで使用して表記する

→5度が半音上がるので不安定感がでます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ディミニッシュ ◯dim

ディミニッシュコードは、やや怖い感じの響きを持つコードです。

例えばコード「Cdim」は

「Cdim」の構成音=ド、ミ♭、ソ♭

これがCdimコードです。

【度数表記】

ド(C)..ルート
ミ♭(E♭)..短3度
ソ♭(G♭)..減5度

ディミニッシュコードはルートから3音半ずつ上がる音で構成されます。単体ではあまり使わず、コードの間に入れてつなぎとしてよく使われます。

ディミニッッシュコードの構成音

ディミニッシュ(dim)コードの構成音です。

  • ある一つの音を「ルート」とする
  • 「ルート」から3半音の音=「短3度」
  • 「ルート」から6半音の音=「減5度」
  • コードネームには「ルート」の音名をアルファベットで使用して表記する

→ルートから3半音ずつ上がるので不気味な感じの響きがでます。

5度音は安定性を決める音

ここで覚えておいてほしいのが、「5度の音は安定性を決める音」ということです。

  • メジャーコード「完全5度」=安定
  • マイナーコード「完全5度」=安定
  • augコードは「増5度」=不安定
  • dimコードは「減5度」=不安定

「完全5度」でないコードは、不安定な響きになります。

転回形

転回形とは、ルート音から順番に重ねていない形のことです。

Cメジャーは「ドミソ」 「ミソド」や「ソドミ」を転回形とよびます。

これら全てコードは「C」になります。

セブンスコード

コードには、4和音で構成された「セブンスコード」というものがあります。

最初に説明した、メジャーコード、マイナーコードの3つの音にさらに1つ音を加えて4和音にしたコードがセブンスコードです。7度(セブンス)の音が加わるためこのように呼ばれます。

セブンスコードは頻繁に出てくるので、必ず理解しておきましょう。詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

この記事をまとめると、

  • メジャーコードは明るい響きで「長3度」
  • マイナーコードは暗い響きで「短3度」
  • メジャーとマイナーは3度の音が違うだけ

今日はこれだけ覚えて帰ってください。

-ブログ, 音楽, 音楽理論
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【Logic Pro X】絶対に覚えておきたい便利機能6選を紹介します

みなさん、こんにちは。 今回はLogic Pro Xの便利機能を紹介します。 とても基本的にも関わらず最近まで知らなかった便利機能も未だにあったりするので、今回、そんな「基本的でありながらスルーされが …

サムネイルが命【YouTube動画再生数を稼ぐ方法】

『YouTubeの再生回数が伸びない』 そう悩んでいる人は少なくないはずです。 YouTubeの再生回数には、サムネイルのクオリティが大きく関係しています。 今回は再生回数UPに繋がる、サムネイルの作 …

【My Hair is Bad】バンドマーケティング戦略

みなさん、こんにちは。 2021.04.10(sat) 今日はMy Hair is Bad(略称:マイヘア)のライブでさいたまスーパーアリーナへ行ってきました。 『ブレイクホームランツアー』 全国ツア …
webマーケティング

Webマーケティングで売れない人は心理学を学びましょう

収益を上げたい読者 「インターネットで、なかなか自分の商品が売れないなぁ‥。どこを見直していいのかもわからない‥。マーケティングを学べば売れるようになるのかな?いやただ、時間の無駄?」 こんな疑問に答 …
レンタルサーバー比較

【SEO対策】WordPress(ワードプレス)初心者のためのレンタルサーバー比較!選び方をわかりやすく

ワードプレスサイト作るぞー!! となったらまず必要なのがサーバー契約とドメイン契約ですね。 レンタルサーバーって何? ホームページなどのウェブサイトは、文字や写真、サイトを構成するたくさんのデータから …