ブログ 音楽 音楽理論

【応用編】さまざまなコードの種類 オーギュメント(aug)、ディミニッシュ(dim)、フラットファイブ(♭5)

投稿日:2022年1月31日 更新日:

今回はさまざまなコードの種類について解説します。

この記事で学べる内容です。

  • オーギュメント(aug)
  • ディミニッシュ(dim)
  • フラットファイブ(-5,♭5)

よく出てくるコードなのでしっかり覚えましょう。

オーギュメント(aug)

オーギュメントとは、「メジャーコードの5度音を半音上げた状態のコード」です。

「〇aug」と表記されます。

augment=「増やす」

ディミニッシュコード(dim)などとあわせて、特殊な構成音を持っているコードとして知られています。

オーギュメントコードの構成

オーギュメントの構成は以下の通り

  • ルート
  • 完全3度
  • 増5度

メジャーコードの5度の音が半音上がり「増5度」になります。

コード「C」を例に考えてみると

通常Cメジャーコードは

  • ド (1度)
  • ミ (3度)
  • ソ (5度)

なのに対し、オーギュメントは

  • ド (1度)
  • ミ (3度)
  • ソ#(増5度)

5度の音が「完全5度→増5度」ソ→ソ# になります。

→Caug(Cオーギュメント)

オーギュメント

5度の音は安定感を出す音

オーギュメントの音の特徴は「不安定な響き」です。

これは5度の音が半音上がっているからです。

5度の音は安定感を決める音なのです。

オーギュメントの使用例

ここでオーギュメントの使用例を紹介します。

  • 代理コード
  • クリシェ

代理コード

オーギュメントコードは、メジャーコードの雰囲気を変化させる代理コードとして使用できます。

C→Caug→C

C→Caug→F→G

クリシェ

オーギュメントコードは、コードを少しずつ変化させる「クリシェ」というテクニックにも役立ちます。

クリシェとは、あるひとつの音を順番に上げたり下げたりすることで、同じルートのコードの中で動きを出します。

「C」のクリシェはこんな進行があります。

C → CM7 → C7 → C6(I → IM7 → I7 → I6)

マイナーコードのオーギュメント

オーギュメントは「メジャーコードの5度の音を半音上げたコード」と紹介してきました。

では、これをマイナーコードでやったらどうなるんでしょうか。

これがまたおもしろいので、別の記事で解説します。

興味がある人は下のリンクから飛んでみてください。

ディミニッシュ(dim)

次にディミニッシュコードを見ていきましょう。

ディミニッシュコードの構成

ディミニッシュコードの構成は以下の通り

  • ルート
  • 減3度
  • 減5度

マイナーコードの5度の音が半音下がります。

ディミニッシュコードは「マイナーコードの派生形」です。

コード「C」を例に考えてみると

通常マイナーコードは

  • ド (1度)
  • ミ♭(短3度)
  • ソ (5度)

ですが、ディミニッシュコードは

  • ド (1度)
  • ミ♭(短3度)
  • ソ♭(減5度)

5度の音が半音下がります。(ソ→ソ♭)

→Cdim(Cディミニッシュ)

原型はマイナーコードなので「短3度」
5度の音は「完全5度→減5度」ソ→ソ♭ になります。

ディミニッシュ

ディミニッシュの使用例

ディミニッシュの使用例を紹介します。

  • パッシングディミニッシュ
  • ドミナントセブンスコードの代理

パッシングディミニッシュ

パッシングディミニッシュとは、上昇するコード進行でつなぎの役割をするコードを挟むことを指します。

例えば「C → Dm」というコード進行があったとしましょう。

ベース音が「ド→レ」と上昇する間に「ド#」のdimを入れると

C → C#dim → Dm

「経過的コード」として使用するディミニッシュコード、これがパッシングディミニッシュです。

ドミナントセブンスコードの代理

あるセブンスコードと、そのルート半音上をルート音とするディミニッシュコードは、それぞれ構成音に三つの共通した音を持っています。

G7の構成音:ソ、シ、レ、ファ
G#dimの構成音:ソ#、シ、レ、ファ

つまりコードの響きが似ているのです。

フラットファイブ(-5,♭5)

メジャー/マイナーコードの構成音のうち、5度の音を半音下げたものを「フラットファイブ」コードと呼びます。

一般的に「〇-5」や「〇♭5」と表記します。

フラットファイブの構成音

構成音は以下の通りです。

「C7」と「C7-5」

C7=ド、ミ、ソ、シ♭
C7-5=ド、ミ、ソ♭、シ♭

「Cm7」と「Cm7-5」

Cm7=ド、ミ♭、ソ、シ♭
Cm7-5=ド、ミ♭、ソ♭、シ♭

このように、5度の音が半音下がった形になります。

フラットファイブ

まとめ

まとめると

  • ○aug→増5度
  • ○dim→減3度、減5度
  • ○♭5→減5度

いずれも5度の音が動くので「不安定な響き」になります。

-ブログ, 音楽, 音楽理論
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セカンダリードミナント

【番外編】メロディの音からセカンダリードミナントを判別する方法をジャニーズのあの曲を使って解説します

皆さんこんにちは! セカンダリードミナントの番外編です。 コード進行の中で、セカンダリードミナントコード(sc.D)の見分け方のポイントを解説します。 セカンダリードミナント “セカンダリ …
アヴォイドノート

【音楽理論講座】テンションコード、アヴォイドノート(回避音)について解説します。テンションコードを使う時は調和を崩さないように気を付けましょう

どうもこんにちは! みなさん、「アヴォイドノート」って知ってますか? 結構、専門的な音楽用語ですが、アヴォイドノートって聞いたことありますか? 聞いたことがあるあなたは、おそらく結構深くまで音楽に触れ …

【Logic Pro X】絶対に覚えておきたい便利機能6選を紹介します

みなさん、こんにちは。 今回はLogic Pro Xの便利機能を紹介します。 とても基本的にも関わらず最近まで知らなかった便利機能も未だにあったりするので、今回、そんな「基本的でありながらスルーされが …
no image

Apple新半導体「M1」搭載Macbook発表【改善点は、ほぼナシ?】

Appleは、2020.11.11、独自の半導体(Appleシリコン)「M1」搭載Mac3シリーズを発表 今回は、その半導体「M1」について解説します。 デザイン変更はほぼなし? 中身を「M1」にアッ …
裏コード

【音楽理論講座】裏コード(サブスティチュートドミナント)と呼ばれる代理コードの使い方と進行パターン

今回は、裏コードについて解説します。 裏コード=サブスティチュートドミナント(英:Substitute Dominant) 「substitute:代理の〜」という意味です。 つまり、代理のドミナント …

北山陽平

■デジタルクリエイター
■創音家
■気分屋

—profile———◆

音楽を愛するすべての人へ
“音”という世界共通言語で繋がるオンラインサロン
PIN’FORMATION」運営

音楽とAppleとL’Arc-en-Cielを愛してます

クリエイティブな生き方を求める人へ
僕の経験から得たノウハウを発信中

◆Wi-Fiが友達

◆相棒はネコの”ぷりん

◆仕事依頼はこちらから

produced by:YOUHEI KITAYAMA