DAW DTM 音楽 音楽理論

【音楽理論講座】リレイテッドⅡm7(ツーマイナーセブン)って難しそうな名前、実はとっても簡単なんです

投稿日:

今回は、「リレイテッドⅡm7(ツーマイナーセブン)」について解説します。

この内容は「セカンダリードミナント」「ツーファイブワン」の理解が必要になりますので、理解していない人はそちらから先に学習してください。

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

リレイテッドⅡm7

リレイテッド ツーマイナーセブン」と読みます。

(英)related:〜と関係した

別の記事で紹介したセカンダリードミナント のコードを「Ⅴ」とみなしたときに、そのみなしⅤへツーファイブ進行が出来るⅡm7のことです。

言葉だけじゃ、伝わらないと思うので下のテキストを見てください。

リレイテッドツーマイナー

Cメジャーキーでいうと、「A7」「B7」「C7」「D7」「E7」がセカンダリードミナントとなります。※「G7」はプライマリードミナント(ダイアトニックコードにあるドミナントセブンス)

そして、このセカンダリードミナントをⅤとみなした時、Ⅱm7となるコードが「リレイテッドⅡm7」です。

  • A7をⅤとみなせば、Em7がリレイテッドⅡm7
  • D7をⅤとみなせば、Am7がリレイテッドⅡm7
  • :  〜省略

4和音で説明しましたが、トライアドでも同じようにリレイテッドⅡm7は作れます。

リレイテッドⅡm7の導き方

リレイテッドⅡm7はこのように導くことができます。

セカンダリードミナントのルートから逆算します。

リレイテッドⅡm7は
セカンダリードミナントのルートがパーフェクト4thアップ(パーフェクト5thダウン)した「◯m7」の形なので

例えば、セカンダリードミナント(Ⅴ7)=A7だとわかっていれば、
「パーフェクト4thアップでA7になるルート」を探します。

言い換えると、Aのルート4つ下なので「E」
リレイテッドⅡm7は「Em7」だとわかります。

ルート4つ下の音に「m7」をつける
→リレイテッドⅡm7

と覚えましょう。

リレイテッドツーマイナーの進行パターン

それでは、リレイテッドツーマイナーの進行パターンを見てみましょう。

リレイテッドツーマイナー進行

このようにⅤの直前に置くのが基本です。

Ⅴ7とセットで使う

リレイテッドⅡm7は主に「V7」とセットで使います。

セットで使うことで「Ⅱm7→Ⅴ(ツーファイブ)」にまとまりが出て、その後「Ⅰ」への進行がスムーズになります。

この「Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ」進行は、J POPでもよく見かける王道進行で「ツーファイブワン」と呼ばれます。

Ⅰmに繋がるリレイテッドⅡm7

今まで見てきたのはメジャー(Ⅰ)に繋がるリレイテッドⅡm7でしたが、マイナー(Ⅰm)に繋がる場合はどうなるでしょう。

マイナーに繋がるリレイテッドⅡm7

このように、マイナーに繋がるリレイテッドⅡm7は「Ⅱm7♭5」という形になります。

この時、セカンダリードミナントは変わらずⅤ7です。

まとめ

リレイテッドⅡm7のまとめです。

  • セカンダリードミナントの直前に置かれる
  • セカンダリードミナントとセットで活用
  • 有名な曲で多用されている
  • Ⅰmに繋がるリレイテッドⅡm7は「Ⅱm7♭5」になる

このリレイテッドツーマイナーはさまざまな曲で使われているコードです。

リレイテッドツーマイナーを意識し、曲のコード進行を分析することで音楽理論がもっと楽しくなってきますので、楽しみながら学んでいきましょう!

»»Instagram【リレイテッドⅡm7】

-DAW, DTM, 音楽, 音楽理論
-

執筆者:

関連記事

【レア機材アリ】僕の愛用している機材を紹介します

今回は、僕が長年愛用している機材の特徴や使い方、こだわりのポイントなどを紹介をします。 BASS LAKLAND USA アメリカ シカゴ生まれのハイエンドベース。 3つのシリーズがあり、価格順に並ん …
ダイアトニックコード

【音楽理論講座】ダイアトニックコードの成り立ちを理解しよう〜トニック、サブドミナント、ドミナントの関係性〜

みなさん、こんにちは! この記事では、ダイアトニックコードの関係性について解説します。 ダイアトニックコード ダイアトニックコードってなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか? ダイアトニック・ …

知らないと損する?【エフェクターの基礎知識】

エフェクターとは一般的に楽器の音を変化させるツールとして認知されています。 一体、どんなものがあるのか、楽器側から接続順に見ていきましょう。 フィルター系 “濾過装置” と訳すことのできるフィルター系 …
ドッペルドミナント

【音楽理論講座】ドッペルドミナント(ダブルドミナント )ってなに?二重ドミナントコードについて解説します

ドッペルドミナントについて解説します。 ドッペルドミナント ドッペルドミナント=Doppel dominant 英語を使って「ダブルドミナント」という言い方もします。 ドミナント(V)をトニックと見立 …

ドラムレコーディング【小学生でもできるよう解説します】

“ドラムのレコーディングって難しそうと思っている人” 実は、全然難しくないんです。 今回は小学生でもできる、ドラムレコーディングの流れをレコーディング経験者の僕が説明します。 …

北山陽平

■デジタルクリエイター
■創音家
■気分屋

—profile———◆

音楽とAppleとL’Arc-en-Cielを愛してます。

クリエイティブな生き方を自分の経験から得たノウハウを発信していきます。

◆仕事依頼はこちらから

◆相棒はネコの”ぷりん”です。