VLOG カメラ ブログ 動画撮影 撮影

【SONY α7Ⅲ】僕が愛用しているカメラ「SONY α7Ⅲ」の魅力、性能、スペックをたっぷりとお伝えしますという、超マニアックな記事 

投稿日:2022年2月17日 更新日:

みなさん、こんにちは。

今日は、僕が普段撮影で愛用している「SONY α7Ⅲ」について以下の点から解説します。

  • 特徴 性能
  • スペック
  • おすすめな人

結論を言ってしまえば、カメラ初心者だけど、失敗しない買い物をしたいという人に自信をもっておすすめしている一眼ミラーレスカメラです。

それでは、みていきましょう。

SONY α7Ⅲ

まず、SONY α7Ⅲですが、SONY αシリーズにひとつで、「フルサイズミラーレス一眼カメラ」と言われます。

めちゃくちゃ人気があるモデルで、持ってる人も多いのではないでしょうか。

ラインナップはこんな感じです。

αシリーズはたくさんあり、最近では「α7Ⅳ」が発売されました。

しかし、「α7 Ⅲ」と「α7 Ⅳ」の値段差はおよそ倍。

画素数はよくなったものの、その価格差ほど僕は必要性を感じなかったので、購入は見送りました。

今回はα7Ⅲにフォーカスしてみていきたいと思います。

外観

まず、外観をみていきましょう。

ミラーレスらしい小型軽量ボディ

一眼カメラというと、「重い」というイメージをお持ちの方が多いですが、このα7Ⅲは軽量、コンパクトボディなので、女性でも片手で持てるサイズです(重量:565g)。

カメラは基本持ち歩いて使用するものなので、重さが重要ですよね。

その点、旅行や出かけるときにちょっと持ち歩いても、苦にならないコンパクトさが魅力です。

使いやすいボタン配置

sony α7

僕はα7 Ⅲのボタン配置がとても気に入っています。

シャッターボタンの近くにカスタムキーC1,C2があるので、よく使う機能を割り当てて、撮影時、瞬時に操作できるのが気に入ってます。

α7 Ⅳは若干配置が変わっていたので、これも購入を見送った理由のひとつです。

やっぱり、その時の状況を瞬時に撮影するカメラというものは、操作性がとても重要だと思っています。

3つのカスタムキーに機能を割り当てることで、簡易的に操作できるのでこれも便利です。

チルト液晶採用

チルト液晶

液晶画面は「チルト液晶」なので、目線の高さで撮影できない場合は画面を自分の方に向けて、構図を確認しながら撮影することができます。

僕はよく、地面に近いアングルで撮影するのですがこの時はすごく便利です。

メモリーカードはダブルスロット

メモリーカードα7

α7 Ⅲでは、カメラボディに2枚のメモリーカードを同時に挿入することが可能で、その上、同時記録も可能なんです。

これは大事な撮影で、使った方がいい機能で、片方のメモリーカードが壊れていてももう一つのメモリーカードにも保存されるので安心ですよね。

特徴 性能

続いて、α7Ⅲの特徴や性能面で僕が気に入ってる点を紹介していきます。

  • 約2,420万画素数
  • リアルタイム瞳AF機能
  • 高解像4K動画記録/Webカメラ

約2,420万画素数撮影

高画素の新製品が次々と登場しているなかで「低い」と思われる人もいるかもしれませんが、ウェブサイトでの使用がメインなのでこれで僕には十分です。

実際に使ってみて不満を感じたことは今のところありません。

リアルタイム瞳AF機能

リアルタイム瞳AF

「リアルタイム瞳AF」もSONY α7Ⅲの特徴の一つです。

AIを活用した最新技術によって、撮像範囲に写し出された人物の被写体から瞳部分を自動検出してフォーカスを合わせてくれます。

また、瞳を検出するだけでなく、シャッターボタンを半押しした状態を維持することでリアルタイムにて瞳を追い続ける非常に優れた性能があります。

この性能は特にポートレート撮影時などに有効で、被写体に対して狙っていた場面で正確かつ高速でオートフォーカスしてくれます。

Webカメラとして使える

「α7 Ⅲ」をパソコンにUSBで接続することで、オンライン会議やライブ配信のWebカメラとして使用可能です。

在宅ワークが増え、zoomなどでリモート会議が増えている中で、この機能はとても便利で、僕も良く活用しています。

パソコンのカメラだとどうしても映りが暗かったり、画質が粗くなってしまいますが、α7ⅢをWebカメラにしたところすごくきれいに配信できるのでそれから使うようにしています。

その他にも、使ってみて感じた感想は

  • 夜間撮影においても優れた能力を発揮
  • 手ブレ補正がしっかりきく
  • 相性のいいレンズが多い

などが、あげられます。

動画性能について

4K動画に対応しているのはとても魅力的です。

評判のAF(オートフォーカス)性能もバッチリです。

動く被写体に対し、すばやくフォーカスを合わせてくれます。

動画撮影時のAFの速さは最重要ポイントなので、ここはとても評価できると思います。

スペック

ここでスペックを紹介します。

スペック 性能
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2420万画素/4K 30p,FULL HD 120p
撮影感度 ISO 100〜51200
連写撮影 最大10コマ/秒
アスペクト比 3:2
手ぶれ補正
重量 565g
電池 リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
Wi-Fi ○ スマートフォン転送
マイク 内蔵マイク:ステレオ
スピーカー モノラル
液晶モニター チルト液晶

SONY α7 Ⅲはこんな人におすすめ

では、「SONY α7Ⅲ」はどんな人におすすめなのでしょうか?

  • カメラ(の知識がない)初心者
  • 手軽に持ち歩いて撮影したい人
  • スマホより一味違うきれいな写真を撮りたい人

僕はこのような人に自信をもっておすすめします。

簡単な操作で、ここまでのきれいな写真を撮れれば、少し値段は高いですが、十分満足できるカメラだと思ってます。

カメラを仕事道具としているプロのカメラマンとかには物足りないかと思いますが、SNSやYouTubeなどにアップするレベルの人であれば十分の性能だと感じています。

»» SONY公式サイト【α7Ⅲ】

»» SONY公式サイト【α7Ⅳ】

おすすめレンズについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【東京ディズニーリゾート】クリエイター必見!!初心者が知りたいカメラのレンズの種類、選び方、そして写り方を教えます(SONY編)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-VLOG, カメラ, ブログ, 動画撮影, 撮影
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ドミナントモーション

ドミナントモーションってなに?音楽やるならこれくらい知っておこう

みなさん、こんにちは。 音楽用語「ドミナントモーション」て聞いたことありますよね?説明できますか? 今回はそんなドミナントモーションについてわかりやすく解説していきます。 ドミナントモーション ドミナ …
ビバラレポート

【ビバラロック】 VIVALA ROCK 2022.05.04 最終日セトリ

先日、VIVALA ROCK2022に行ってきましたので、遅くなりましたがライブレポートです。 2022年5月4日最終日 日本の音楽シーンの最前線に触れてきたので、熱が冷めないうちにレポートします。( …
ラルク横アリ

【L’Arc-en-Ciel】30th L’Anniversary LIVE 2021 @横浜アリーナ

12月9日に横浜アリーナへ行ってきました。 前回のツアー「MMXX」が、ここ横浜アリーナで中止公演になったため、僕自身もそうですが、メンバーやファンにとって思い入れがより一層強かったと思います。 DA …

日本の未来【他人事ではアリマセン】将来のこと、ちゃんと考えてますか?

人口の減少 2050年あなたは何歳ですか? 2020年現在日本の人口は 「1億2427万人」 では出生率はどのくらいでしょうか。 「1.36人」 晩婚化や経済的な理由で夫婦2人から平気1.36人が生ま …
ディグリーネーム

ディグリーネームを覚えよう!コード進行を学ぶ上で避けては通れません

ディグリーネーム(=Degree Name)って聞いたことありますか? コード表記では必ず目にするローマ数字ですよね。 今回はそんなディグリーネームについて解説していきます。 ディグリーネーム 『ディ …