ブログ

【ネット上の住所】ドメインの種類とドメインの選び方 SEO対策

投稿日:2021年2月25日 更新日:

ドメインとは、『インターネット上の住所』のことで、相手を特定するために必要になります。

「○○○.com」や「△△△.jp」

このようなものを『ドメイン名』と呼び
○○○や△△△の部分が『ドメイン』です。

当ブログのURLを例にするとこんな感じです。

ドメインは電子メールアドレスにも使われます。

ドメイン=IPアドレス

IPアドレス

厳密には、そのホームページがどこにあるのかを判別するのは、ドメインに紐づくIPアドレスです。IPアドレスは「000.00.00.00」のような数字で構成される文字列ですが、数字だけの住所は覚えづらいため、ドメイン名に変換してホームページの場所を示します。

000.00.00.00(IPアドレス)=example.com(ドメイン)

つまりドメインとは「IPアドレスをわかりやすく覚えやすく表示するもの」となります。

「.com」や「.jp」以外にもたくさん種類があります。

  • 「.net」
  • 「.org」
  • 「.tokyo」
  • 「.info」
  • 「.biz」
  • 「.name」
  • 「.mobi」

基本的に「.com」「.net」「.jp」で大丈夫です。

ドメインの種類

ドメインにもいろいろな種類があります。

  • 独自ドメイン
  • 中古ドメイン
  • 無料ドメイン

独自ドメイン

独自ドメインは、自分の好きな文字を組み合わせて作成できます。

人名や企業名、サービス名などの文字を自由に割り当てられますが、その文字列がすでに登録済の場合、使用することはできません。

独自ドメインはユーザーの所有物になります。

独自ドメインとサブドメイン

◾️独自ドメイン
http://example.com
◾️サブドメイン
http://◯◯◯.example.com
http://△△△.example.com

サブドメインは、元となる独自ドメインの所有者のみ作成することが可能です。

◾️サブドメインについて
独自ドメインを設定すると「サブドメイン」を作成することができます。
サブドメインは、以下のように独自ドメインの頭にドットを挟んで文字列を持つドメインのことをいいます。

独自ドメインの種類

独自ドメインは以下のような構成になってます。
  • トップレベルドメイン
  • 第2レベルドメイン

gTLDとccTLD

  • gTLD(誰でも取得できる)
  • ccTLD(その国に在籍する人のみ取得できる)

トップレベルドメイン(TLD)は、ドメインは世界中誰でも取得できるもの(gTLD)と、原則としてその国に在籍する人しか取得できないドメイン(ccTLD)の2種類に大別されます。

トップレベルどめいんをいくつか紹介します。

gTLDは、よく目にしたこたがあるのではないでしょうか。ccTLDは、我々日本人は「.jp」はよく見ますが、その他はあまり馴染みがなく、初めて見たという人もいることでしょう。

海外ドメイン

海外ドメインとは下記のようなものです。
見慣れないのが多いですね。

数が多いので、気になる人は下記サイトをご覧ください。

【海外ドメイン】世界各国のドメイン

海外ドメインはおすすめしない

海外ドメインはおすすめしません。

  • Googleはドメインによって国を判断します
  • 日本語サイトなら日本のドメインを使いましょう

日本語ドメイン

ドメインに使える文字はこれまで、アルファベットと数字などに限られていました。 しかし現在、日本語も使えるようになっています。

こうした漢字やひらがな、カタカナを含んだドメインを日本語ドメインと呼びます。

■日本語ドメインのメリット
  • 視認性が高い
  • 希望ドメインを取りやすい
  • 目を引きやすい
■日本語ドメインのデメリット
  • 使用できないサーバーがある
  • 海外では使いにくい
  • URLの文字化け

日本語ドメインは、完全に「視認性」を上げるためのドメインです。
SEO効果も期待できません。
デメリットの観点から僕はあまりおすすめしません。

中古ドメイン

中古ドメインとは、過去にあるサイトで使われていたドメインを指します。運営者がサイトを閉鎖してドメインを手放したり、期限切れでフリーになったドメインです。

クローラーや検索エンジンに見つけてもらいやすいのが特徴

とはいえ、中古ドメインがSEO上、有利とは限りません。
その理由は以下の通り

  • 被リンクの質
  • Googleペナルティの有無
  • 過去のサイト運用履歴

被リンクの質

新規ドメインと中古ドメインの大きな違いは「被リンク」

被リンク
外部のWebサイト上に自分のサイトのリンクが設置されること

良質なサイトであれば、被リンクの数も多く予期せぬアクセスが集まる可能性があります。

逆に悪質なサイトの場合、Googleからペナルティを受けている可能性があるので、一概に中古ドメインがいいとも言えません。

Googleペナルティの有無

Googleペナルティを受けたことのあるサイトは、SEOに不利です。

検索エンジンで見つかりにくくなります。

その場合は別のドメインを使用するのが望ましいです。

過去のサイト運用履歴

中古ドメインは、ドメインパワーを引き継ぐことを主な目的としているため、獲得したリンク元のサイトに注目することが重要です。

一般的に好ましくないジャンル(アダルト・ギャンブル)のサイト履歴があった場合、好ましくない被リンクを受けている可能性が高いです。

無料ドメイン

はじめに言っておきますが、無料ドメインはおすすめしません。

参考までに無料ドメインと言えばこれらが有名です。

  • 無料ダイナミックDNS(DDNS)サービス
  • Freenom
  • Dynamic DO!.jp
  • Dot TK
  • No-IP

無料ドメインのメリットは「無料」それだけです。

無料ドメインデメリット

デメリットを紹介します。

僕が考えるデメリットは主に2点です。

■SEOに不利
まず1つ目はSEOに不利な点です。 無料ドメインは検索上位表示されないということがわかっているからです。

■サービスサイトが突然利用を停止することもある
運営会社が独自で作成したドメインは、そのサービスが突然終了すると使えなくなってしまいます。せっかくサイトを作っても開けなるリスクを考えると、有料でも独自ドメインを取ることを強くおすすめします。

ドメイン取得

最後にドメイン取得できる人気サイトを3つ紹介して終わります。

  • お名前ドットコム
  • エックスドメイン
  • バリュードメイン

値段で決める

正直な話、ドメインてのはどのサイトで取得しても、ブログやHPを作れるわけで、そこまでこだわる必要はありません。

ドメインを選ぶときは、サーバーの契約との噛み合いもありますが、基本的に「値段」と「信頼性」で決める人が多いと思います。

今回は値段と信頼性があるドメイン取得できるサイトを3つ紹介します。

お名前ドットコム

ドメインといったらコレで間違いなし
それくらい有名なのがこの「お名前ドットコム」

最安値です

こだわりがなければコレでいいと思います。

>>ドメイン取るならお名前.com

エックスドメイン

レンタルサーバーで有名な「エックスサーバー」と同じ会社が運営するのがこの「エックスドメイン」です。

エックスサーバーとまとめて契約できる点がメリットだと思います。

>>エックスドメイン

バリュードメイン

国内では珍しい海外ドメインも多く含む570種類以上を取り扱う「バリュードメイン」
登録件数も600万件と信頼と安心のサービスに定評があります。

>>Value-Domain

-ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【初心者向け】ブログ開設手順 WordPress編

みなさん、こんにちは。 ブログ立ち上げ講座をはじめます。 この記事は以下のような人に向けた記事です。 ブログやHPを作りたい ネットから収益を生みたい ブログアフィリエイトをはじめたい 副業をはじめた …

【カメラの基礎知識】F値×シャッタースピード×ISO

きれいな写真を撮るコツ それには「露出」がとても重要なポイント 露出は、スマホの写真機能にもあるので、イメージしやすい人が多いかと思います。 露出 露出とは、撮影する画像や映像の「明るさ」を調整する機 …

Amazon商品紹介

みなさん、こんにちは。 いつも専門性が高い、マニアックな記事なので、緩い記事のご要望がありました。 なので今回はゆる〜い記事を書いてみます。 僕がアマゾンでよく買うアマゾンおすすめ商品を紹介ちゃいます …
大阪一人旅

【大阪観光ガイドマップ】一人旅で新しい自分探しをしたら、新しい出会いが生まれました

みんな元気? ふと、一人旅がしたくなって大阪に来ました。 旅の目的は「新しい自分探し」 そんなカッコいいものではなく 独身のうちにできることをやっておこうかなって 動機はこれくらいの軽いノリです。 た …

【超絶景】死ぬまでに見たい国営ひたち海浜公園のネモフィラ

みなさん、こんにちは。 2021.4.23 先日、国営ひたち海浜公園へいきました。 都心からアクセスがよく、1日中楽しめる施設が充実しているので、子連れの家族も多く1日のんびり自然と戯れることができま …