ブログ 音楽 音楽理論

【音楽理論講座】終止の種類について 全終止・偽終止・サブドミナント終止(変終止/アーメン終止)・サブドミナントマイナー終止

投稿日:

みなさん、こんにちは。

春ですね。だんだん暖かくなってきた今日この頃。

今日はコード進行における「終止(しゅうし)」について、その詳細と種類、使用例などについて解説していきます。

終止とは

「終止」とは、広い意味で「ハーモニー・コード進行がある程度展開したのち一旦落ち着くこと」を表す言葉です。

簡潔にいうと「曲の最後、Aメロの最後、サビの最後のコード(音)」この部分が”終止”です。

終止の種類

終止には以下の種類があります。

  • 全終止
  • 偽終止
  • サブドミナント終止 (変終止 / アーメン終止)
  • サブドミナントマイナー終止

それでは早速みていきましょう!

全終止

まず、ひとつ目が一番ポピュラーな終止「全終止」です。

これは、している人も多いと思いますが「Ⅴ→Ⅰ」の進行です。

以下はKey=Cにおける「全終止」の例です。

C → F → G → C(Ⅰ → Ⅳ → Ⅴ → Ⅰ

この終止の特徴ですが、不安定なサブドミナント(Ⅳ)からトニック(Ⅰ)への進行なので、最も安定した終止感が得られます。

全終止はもはや定番であるため、多用するとリスナーに「平凡な構成」という印象を持たれることもしばしば。

なのでこれから紹介する終止パターンがあります。

≫ Instagram【ドミナントモーション】

偽終止

次に紹介するのは、「偽終止(ぎしゅうし)」という終止の形です。

偽終止は全終止を変形させた形で、リスナーに違和感を与える終止パターンです。

C → F → G → Am(I → Ⅳ → V → Ⅵm

終止というものは一般的に「Ⅴ→Ⅰ」を連想させるので「Ⅴ」の次は「Ⅰ」がくるという感覚で曲を聴いているリスナーが大多数です。

しかし、それを裏切る効果を狙ったのが「偽終止」になります。

ⅠではなくⅥへ進行

上記の例では「I」の代理コードとして機能する「VIm」を活用し、「V→VIm(G→Am)」という流れを作り出しています。

「G(Ⅴ)」が鳴ったので「→C(Ⅰ)」が次に来る!と思いきや「Am(Ⅵ)」が鳴る、なんちゃって進行ですね。

「I」の代理コードとして機能する「VIm」にも安定な機能があるため「Ⅴ→Ⅰ」進行同様「不安定→安定」の流れが作れています。

≫ Instagram【偽終止】

サブドミナント終止 (変終止 / アーメン終止)

最後に、サブドミナント終止について解説します。

別名で「アーメン終止」と呼ばれることがあるこの終止形ですが、これは全終止「V→I」における「V」を別のコードに置き換える終止形です。

Dm → Em → F → C(Ⅱ → Ⅲ → Ⅳ → Ⅰ

F△7 → Em7 → Dm7 → C(Ⅳ△7 → Ⅲm7 → Ⅱm7 → Ⅰ

ドミナントモーション「Ⅴ→Ⅰ」に比べ、少し落ち着いた感じになります。

これには、ベースラインの動きが関係しています。

強進行していない

それぞれの終止のベースラインの動きを比較すると

  • ドミナントモーション「Ⅴ→Ⅰ」は、「ソ→ド」(強進行)
  • サブドミナント終止「Ⅳ→Ⅰ」は「ファ→ド」(強進行ではない)

ドミナントモーション「Ⅴ→Ⅰ」がなぜ、安定した終止なのか。

それはドミナントコードが持つ、「トライトーン」の関係によるものでしたよね。

ドミナントモーション、強進行、トライトーンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

それじゃ、サブドミナントである以上強い終止感は出せないのか。

そう、思った人もいるはず。

ところが、あることをすると、サブドミナントの響きを活かしつつ、Cへ強進行することができます。

ドミナント系分数コード

サブドミナントの弱点である「強進行できない」点を改善するために分数コードを使います。

→ F → C

このサブドミナント終止をこのように変形させたらどうでしょう。

→ F/G → C

ベース音の動きが「G → C」になりました。

こうすることで、強進行を作れて、サブドミナントらしい響きも残すことができます。

このように、サブドミナントのコードを強進行できる形に変えたコードを「ドミナント系分数コード」といいます。

■ドミナント系分数コードの種類

  • F/G(Ⅳ/Ⅴ)←よく出てくる
  • F△7/G(Ⅳ△7/Ⅴ)
  • Dm/G(Ⅱm/Ⅴ)
  • Dm7/G(Ⅱm7/Ⅴ)←よく出てくる

この中で、よく使うのが「Ⅳ/Ⅴ」「Ⅱm7/Ⅴ」です。

ツーファイブワンでの活用

ドミナント系分数コードをツーファイブワンで活用してみましょう。

ツーファイブワンとは「Ⅱm7→Ⅴ→Ⅰ」の進行でしたね。

わからない人はこちらの記事を先にチェックしておいてください。

ツーファイブワン進行の「Ⅴ」にドミナント系分数コードを使ってみましょう。

すると、このような進行になります。

Dm7 → Dm7/G → C

※「Dm7/G」の元の形は「G7」

この形でも強進行を作ることができました。

しかし、G7とは構成音が異なるので、メロディの乗せ方には注意が必要です。

≫ Instagram【ツーファイブワン】

ドミナント系分数コードの活用例

ドミナント系分数コードを使っていくつかの進行を作ってみました。

  • F → F/G → C
  • F△7 → F△7/G → C
  • Dm → Dm/G → C
  • Dm7 → Dm7/G → C

この中でよく使われる進行が「F/G」と「Dm7/G」です。

このふたつは覚えておきましょう。

サブドミナントの弱点「強進行できない」は解決しました。

そして、サブドミナントのもう一つの弱点、それが「トニックの音(C)に半音で接する音が1つ」ということです。

半音で接する音が多いほど不安定な響きになるんでしたよね。

なので、トニック(C)の構成音(ドミソ)と半音で接するサブドミナント(F)の音をもうひとつ作ってあげればいいのです。

サブドミナントマイナー

「ファ」は「ミ」と半音で接しています。(ひとつ)

サブドミナントマイナー

F(ファ ラ ド)を『Fm(ファ ソ# ド)』に変形させたらどうでしょう。

C(ドミソ)に半音で接する音が2つになりました。(ファとソ#)

このように、サブドミナントを、サブドミナントマイナーの形に変えると終止感の強い進行が作れます。

F → C(ファ・ラ・ド → ド・ミ・ソ)

Fm → C(ファ・ソ#・ド → ド・ミ・ソ)

この時の「Fm」をサブドミナントマイナーといいます

Fm以外のサブドミナントマイナー

Fm以外にもサブドミナントマイナーがあります。

■Fm以外のサブドミナントマイナーの条件

  • 元となる構成音がサブドミナントの形であること
  • 「ラ」が「ラ♭(ソ#)」に変化していること

1.ダイアトニックコードのサブドミナントを変化させたもの

  • F → Fm
  • F△7 → Fm△7
  • Dm → Dm(♭5)
  • Dm7 → Dm7(♭5)

これら全て、「ラ」を「ラ♭」に変えているだけ。

Fm△7はあまり出てこない形ですよね。

2.1に対して共通音を多く含むもの

Fm7、Fm6、A♭、A♭△7、B♭7、D♭、D♭△7、、、

サブドミナントマイナーの進行例

いくつかサブドミナントマイナーの進行例を紹介します。

① Fmを使用する

C → Fm → C → G/B → Am7 → Em7 → F△7

【コメント】
ポップスやバラードのAメロでありそうなゆったりした進行です。
Fmの浮遊感があり、小さなアクセントになります。
最後のF△7をFm△7に変えてもいいかも。

② Fm△7を使用する

F△7 → Fm△7 → Em7 → Am7

【コメント】
J-POPの王道進行に飽きてしまった方におすすめの進行です。
Fm△7はトニックCではなく、代理トニック「Em7」へ進みます。
Bメロやサビの後半で使えそうです。

③ Fm7、B♭7を使用する

Dm7 → Em7 → Fm7 B♭7 → C

【コメント】
「Fm7」「B♭7」どちらもサブドミナントマイナー。
サブドミナントマイナーのコード同士でツーファイブの動きです。
B♭7後、E♭などに進行すると、同主調(Cmスケール)に転調できます。

④ Fm6を使用する

Dm7 → Em7 → F△7 Fm6 → C

【コメント】
「F△7 → Fm6 → C」の動きで、ミ→レ→ドの動きが作れます。

⑤ A♭を使用する

F → G → A♭ B♭ → C

【コメント】
「A♭ → B♭ → C 」でワクワク感を演出できます。
「A♭△7 → B♭7 → C 」でもいいかも。

⑥ Dm7(♭5)を使用する

F△7 → C/E → Dm7 Dm7(♭5) → C

【コメント】
曲のエンディング。
コードのトップが「ド」で固定されている点にも注目!
次に出てくる「D♭△7」と比較してみて!

⑦ D♭△7を使用する

F△7 → C/E → Dm7 D♭△7 → C

【コメント】
Dm7(♭5)の派生系。D♭△7は裏コード的な匂いもします。
より「眠りにつく」的なニュアンスが強調されています。

-ブログ, 音楽, 音楽理論
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【基礎的なコード理論】メジャーコードとマイナーコードを完璧に理解できる記事

曲を作る上で欠かせないコード(和音)。 コードは、大きく2つに分けられます。 メジャーコード マイナーコード メジャーコードとマイナーコードはどういう違いがあるのか見ていきましょう。 メジャーコードと …

【音楽編】ファイル形式の種類

みなさん、音楽は好きですか? 最近ではCDなどではなく、ダウンロードやストリーミング再生で音楽を楽しんでいる人も多いかと思いますが、データとして保存されている音楽はいったいどんな形式になっているのでし …

【セブンスコード】知っておきたい基礎知識

みなさん、こんにちは。 みなさんは、セブンスコードんついて説明できますか? どの曲にも必ずと言っていいほど、頻繁に登場する「セブンスコード」ですが、知ってると知らないとでは曲の構成を把握する上で困難に …

コンプレッサーで音圧上げる方法【音が小さい原因はあなたの知識不足です】

今回はコンプレッサーの機能について説明します。 コンプレッサー 役割は ・音を圧縮する ・音圧を上げる 〈原理〉 大きな音だけ小さくする = 強弱の差が少なくなる →「音の粒がそろう」 つまり、コンプ …

【Logic Pro X】ボーカル処理

みなさん、こんにちは。 本日はボーカル処理ということで、ボーカルトラックをオケに馴染ませるための、トリートメントの仕方を解説します。 今回はlogic Pro Xに標準装備されているプラグインで、段階 …

北山陽平

■デジタルクリエイター
■創音家
■気分屋

—profile———◆

音楽を愛するすべての人へ
“音”という世界共通言語で繋がるオンラインサロン
PIN’FORMATION」運営

音楽とAppleとL’Arc-en-Cielを愛してます

クリエイティブな生き方を求める人へ
僕の経験から得たノウハウを発信中

◆Wi-Fiが友達

◆相棒はネコの”ぷりん

◆仕事依頼はこちらから

produced by:YOUHEI KITAYAMA