音楽 音楽理論

BPMとは?曲のテンポを決める単位です♩=120について邦楽で解説/音楽理論講座⑦

投稿日:2022年9月18日 更新日:

先日、インスタでこのような投稿をしました。

そこで今回はBPMについてヒット曲を例に、詳しく解説していきます。

  • 「BPMってどういう意味?」
  • 「♩=120はどのくらいのテンポ?」

このような疑問を解決できます。

  • ◆ この記事の内容
  • BPM=Beats Per Moment
  • BPMは曲の速さを決める単位
  • この記事を読むスピードは任せます

この記事では、BPM、曲のテンポを解説します。

音楽に詳しくない人でも、ヒット曲を例に解説していますので、理解しやすいはずです。

それでは、見ていきましょう!

BPMとは

BPMとは「Beats Per Minute」の略で、曲のテンポの速さを決める単位です。

  • Beats・・・拍数
  • Per・・・あたり
  • Minute・・・1分

譜面では一番最初に記載されている「♩= ○」この部分です。

BPM

これは、「1分間に♩(拍)が何個演奏されるか」という意味で、メトロノームで考えるとわかりやすいと思います。

メトロノームは一定で拍を刻みます。この拍が1分間に何拍あるかということなので、単純に1分間「カチッ、カチッ、カチッ、カチッ」と鳴るのを数えればBPM、テンポの速さがわかるということです。

一般的なBPMは「120」

テンポが速い曲だとBPMは高くなり、テンポが遅い曲だとBPMは低くなりますが、一般的にBPM120くらいが一般的な速さです。

  • バラード・・・80前後
  • ロック・・・140-160くらい

参考までに、以下、有名な曲のBPMです。

  • BPM = 74(ドライフラワー/優里)
  • BPM = 76(涙そうそう/夏川りみ)
  • BPM = 87(Lemon/米津玄師)
  • BPM = 90(世界に一つだけの花/SMAP)
  • BPM = 92(Pretender/Official髭男dism)
  • BPM = 106(マリーゴールド/あいみょん)
  • BPM = 111(ロビンソン/スピッツ)
  • BPM = 121(LOSER/米津玄師)
  • BPM = 130(夜に駆ける/YOASOBI)
  • BPM = 143(女々しくて/ゴールデンボンバー)
  • BPM = 160(STAY AWAY/L’Arc-en-Ciel)
  • BPM = 165(天体観測/BUMP OF CHICKEN)

BPM=120の感覚として、「LOSER/米津玄師」だと思って貰えばいいでしょう!

速すぎず、ゆったるすぎず、このくらいのテンポが120です。

BPM=80以下

BPM80以下の有名な曲では優里さんのドライフラワーがあります。

切ない曲にはこれぐらいのテンポが良く合います。

BPM=80-100

BPM=87の米津玄師さんのLemon

この曲はみなさんご存知の通り、ゆっくりな曲ですよね。このテンポが「87」になります。

BPM=100-120

BPM=106があいみょんのマリーゴールド。

なんかLemonに比べたらちょっと早くなったイメージが持てますよね。

BPM=120-140

BPMが120を超えるとだんだん疾走感がある曲が多くなってきます。

例えば、YOASOBIの「夜に駆ける」

個人的にはもっと速い曲のイメージでしたが、この曲がBPM=130です。

BPM=140-160

結構テンポが速くなってきましたが、ゴールデンボンバーの女々しくてがBPM143です。

ダンスチューンな曲はこれぐらいのテンポで作られていることが多いです。

BPM=160以上

だいぶテンポが速い曲の部類になります。

有名な曲で言うとBUMP OF CHICKENの天体観測、この曲のBPMは165です。

BPMまとめ

BPMは曲のテンポ(速さ)を決める上で、とても大切です。

作曲する人は、初めにBPMを適正な数値で決めるところから、楽曲制作をしていくことで、より素晴らしい楽曲が生まれることでしょう。

-音楽, 音楽理論
-,

執筆者:

関連記事

【初心者向け】ベース奏法この4種類は絶対弾けるようになったほうがいいです

今回はベース奏法について解説していきます。 ベースの奏法は4種類あります。 ピック奏法 指弾き スラップ奏法 タッピング奏法 音楽のジャンルや曲の特徴に合わせ、これらの奏法が用いられます。奏法を使い分 …
セカンダリードミナント

【番外編】メロディの音からセカンダリードミナントを判別する方法をジャニーズのあの曲を使って解説します

皆さんこんにちは! セカンダリードミナントの番外編です。 コード進行の中で、セカンダリードミナントコード(sc.D)の見分け方のポイントを解説します。 セカンダリードミナント “セカンダリ …
PIN’FORMATION

【動画解説付き】「ノンダイアトニックコード」ってなに?音の響きと置き換えについて解説

ノンダイアトニックコードとは 一般的に世の中にあるコードは2種類に分けることができます。 ダイアトニックコード ノンダイアトニックコード 一つは「ダイアトニックコード」、もう一つは「ノンダイアトニック …

イコライザーはなぜ必要?【まずは周波数特性を知ろう】

イコライザー (Equalizer) とは、音声信号の周波数特性を変更する音響機器です。 特定の周波数帯域を強調(ブースト)または減衰(カット)することができ、音質の補正や改善、積極的な音作りができま …
no image

テンションコードとは?テンションコードの成り立ちについて解説

テンションコード テンションコードは、音楽理論において特殊な効果をもたらすコードの一群です。 これらのコードは、通常のメジャーやマイナーコードに比べて複雑で独創的な音響を提供し、ハーモニーにおいて緊張 …