ブログ 音楽 音楽理論

裏コード(サブスティチュートドミナント)と呼ばれる代理コードの使い方と進行パターン

投稿日:2022年1月18日 更新日:

今回は、裏コードについて解説します。

裏コード=サブスティチュートドミナント(英:Substitute Dominant)

「substitute:代理の〜」という意味です。

つまり、代理のドミナント。

裏コード

ドミナントセブンスの代わりに使えるコードで、ドミナントセブンスのルート音と増4度(6半音)離れたルートを取るメジャーセブンスコードになります。

オクターブは全部で12半音あって「ドミナントセブンス」とその「裏コード」は6半音離れていますから、もっとも遠い位置のルートを取っています。

このもっとも遠い位置のルートを取るということから、裏側に位置しているコードということで「裏コード」と呼ばれています。

裏コード

「G7」の裏コードは「D♭7」ということになります。

裏コードの構成音

「G7」と「D♭7」の構成音を比較してみましょう。

以下は、「Key=C」における「V7(ドミナントセブンス)」と「♭Ⅱ7(裏コード)」の構成音を比較したものです。

  • G7・・・ソ シ レ ファ
  • D♭7・・・レ♭ ファ ラ♭ ド

裏コード構成音

裏コードの割り出し方

裏コードは「♭Ⅱ7」になります。

例えば、Key=Cの場合、C(Ⅰ)、D(Ⅱ)、・・・なのでⅤ7(G7)の裏コードは「D♭7」ということになります。

五度圏表から見つける

五度圏表からも裏コードを見つけることができます。

裏コード五度圏表

五度圏表の反対側にあるコードが裏コードになります。

注意点として、裏コードはメジャーセブンスなので「○7」の形になるということです。

裏コードの活用

「裏コード」はメロディーとの衝突がなければ単純にドミナントセブンスに置き換えるようにして使えます。

Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

「C→F→G7→C」という進行のドミナントセブンス(G7)を、裏コードに置き換えてみます。

すると、「C→F→D♭7→C」になります。

裏コード進行

これにより、Cに向かうベースラインが「レ♭(D♭)→ド(C)」という半音階の流れになり、終止感が弱まります。

それでは実際に音で確かめてみましょう。

トミック→サブドミナント→ドミナント→トニック(Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ)の進行で、「Ⅴ」が「Ⅱ♭」に置き換わることで、最後のトニックへ移るベース音(ルート)の動きが「Ⅱ♭→Ⅰ」と半音進行になり、ゆるーく繋がったのがお分かりいただけたかと思います。

Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm

次は「Dm7→E7→Am」の進行で考えてみましょう。

セカンダリードミナント「E7」の裏コードは「B♭7」です。

「E7」を「B♭7」に変えてみましょう。

裏コード進行

「Am」に対するドミナントモーションの形は維持されたまま、裏コードによって部分的に耳慣れない響きが挿入されることでその部分がアクセントとなり、コード進行がより特徴的なものに感じられます。

まとめ

裏コードのまとめです。

  • ドミナントセブンスの代理コード
  • 「Ⅰ」の半音上の「Ⅱ♭」をルートとした『Ⅱ♭7』
  • スムーズなベースラインになる

ドミナントセブンスと同じ役割を持っている裏コードはいろんな進行に置き換えることができ、半音進行が作れるのでそこが面白いところでもあります。

-ブログ, 音楽, 音楽理論
-, ,

執筆者:

関連記事

大阪一人旅

【大阪観光ガイドマップ】一人旅で新しい自分探しをしたら、新しい出会いが生まれました

みんな元気? ふと、一人旅がしたくなって大阪に来ました。 旅の目的は「新しい自分探し」 そんなカッコいいものではなく 今のうちにできることを今やっておこうかなって 動機はこれくらいの軽いノリです。 た …

【Logic Pro X】ボーカル処理

みなさん、こんにちは。 本日はボーカル処理ということで、ボーカルトラックをオケに馴染ませるための、トリートメントの仕方を解説します。 今回はlogic Pro Xに標準装備されているプラグインで、段階 …

【レア機材アリ】僕の愛用している機材を紹介しますZON,LAKLAND

今回は、僕が長年愛用している機材の特徴や使い方、こだわりのポイントなどを紹介をします。 BASS LAKLAND USA アメリカ シカゴ生まれのハイエンドベース。 3つのシリーズがあり、価格順に並ん …

ドラムレコーディング【小学生でもできるよう解説します】

“ドラムのレコーディングって難しそうと思っている人” 実は、全然難しくないんです。 今回は小学生でもできる、ドラムレコーディングの流れをレコーディング経験者の僕が説明します。 …

【マイクの特性】コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い

マイクは、音を拾う、「収(集)音器」 音が出る機械でも、音を録音する機械でもありません。 今回は、そんなマイクについて解説します。 マイクの種類 マイクには、コンデンサー型とダイナミック型があります。 …