ベース 楽器 音楽

【ベース】LAKLANDの魅力

投稿日:2021年4月7日 更新日:

みなさん、こんにちは。

今回はハイエンドベース「LAKLAND」の魅力について、10年間以上愛用しているこの僕が紹介しちゃいます。

※最後に貴重な情報も載っけておきます

 

LAKLANDベース

1994年創業、アメリカ・シカゴ発のハイエンドベース、それがLAKLANDです。

厳選されたマテリアルを使用し、オリジナルなエレクトロニクスやハードパーツを搭載し製作されています。

多くのアーティストに愛用され、シグネイチャーモデルも多数製造しています。

シリーズ

3種類です。

  • USA series
  • shoreline series
  • skyline series

「USA series」は、本家アメリカのシカゴ工場で製造されたモデル。
「shoreline series」は、国内工場、つまり日本製。
「skyline series」は、韓国製です。

USA series

本場アメリカのシカゴ工場で製造されたモデルです。

まずはじめに

  • 55-○○は「5弦ベース」
  • 44-○○は「4弦ベース」
を表します。

○○-94

その中でも

  • Deluxe
  • Standard
  • Classic
の3種類に分けられます。

Deluxe

Deluxeシリーズの特徴は、見た目美しい「キルテッドメイプル」です。鱗のような模様が特徴的です。

skylineシリーズですが、僕が前使っていたDeluxeもきれいなキルテッドメイプルでした。わかりづらいけど‥

BODY WOOD(ボディ)
  • Quilted Maple
  • Flame Maple
  • Swamp Ash
NECK WOOD(ネック材)
  • Maple
  • Hard Maple w/Graphite Reinforcement Bars
  • Quarter-Sawn Rock Maple w/Graphite Reinforcement Bars
FINGERBOARD(指板)
  • Bird’s eye Maple
  • Rosewood

USAシリーズのみ、Bird’s eye Mapleの指板があります。

Standard

Standardシリーズの特徴は「アッシュトップ」です。

BODY WOOD(ボディ)
  • Swamp Ash
NECK WOOD(ネック材)
  • Maple
  • Rosewood
FINGERBOARD(指板)
  • Bird’s eye Maple
  • Rosewood

Classic

Classicシリーズの特徴は、「アルダートップ」というところです。

BODY WOOD(ボディ)
  • Alder
NECK WOOD(ネック材)
  • Hard Maple
  • Graphite Reinforcement Bars
FINGERBOARD(指板)
  • Bird’s eye Maple
  • Rosewood

○○-60

次は-60シリーズです。

  • Active
  • Passive

-60シリーズは「Active」と「Passive」の2種類あります。

ピックアップはジャズベタイプのシングルコイル×2

4弦モデル、5弦モデル両方あります。

「Active」と「Passive」の違いがわからない人はこちらを参考に

【ベース】アクティブとパッシブ 特徴

○○-64 (P/PJ)

プレシジョンベースモデル(-64)です。

このシリーズはプレシジョンとPJタイプの2種類あります。

■PJタイプ
プレシジョン(P)のピックアップの下に、ジャズベ(J)のシングルピックアップが搭載されているベース。 プレシジョンベースとジャズベのいいとこ取りをしたベースです。

44-51M/44-51

最後は44-51モデル。
見た方がわかりやすいので画像を貼っておきます。

なにかFenderに近いものを感じるデザインです。

USAシリーズの特長

【その1】バースアイメイプル指板

USAシリーズの特長の一つが、このバーズアイメイプル指板です。

■Bird’s eye Maple
板目面に玉杢の小さな模様が出たものが、バーズアイメープルと呼ばれる

【その2】バルトリーニ製 ピックアップ

現行品は、LAKLAND純正ピックアップが搭載されていますが、初期のUSAシリーズはbartolini製のピックアップが搭載されています。正直、LAKLAND純正と音が全然違います。

LAKLAND純正ピックアップは、「3弦の出力が弱い」というのも有名です。僕は実際体験したので、tetsuyaシグネイチャーPU(MM5-69,J5-69)に変更しました。(これはかなり相性いいです)

【その3】音のサスティーン

skylineシリーズからUSAシリーズに乗り換えた僕が思うことですが、「音のサスティーン」が長いという印象があります。

USAシリーズは、音の伸びがよく、なんのストレスもなく演奏できます。

また、音の立ち上がりも格段によくなるので、USAシリーズを手にしたらskyline、shorelineには戻れないというのが正直な感想です。

shoreline series

日本国内限定のショアラインシリーズは木部加工と塗装を日本で行い、パーツやアッセンブリーは LAKLAND USA と同じものを使用して日本国内で組み込み、製作されています。

シリーズ

shorelineシリーズは、USAシリーズの頭に「SL」がつきます。

近年では、「Bubinga」や「Poplar Burl」という製品も発売されています。

USAと同じパーツを使っているだけあって、USA寄りのサウンドは得られますが、音の粒の細かさや音の立ち上がりはやはり本家USAには劣ります。

skyline series

初めてベースを手にする方にも最適なスカイラインシリーズ。
コストパフォーマンスに優れたベースです。

僕が初めて買ったLAKLANDは、このskylineシリーズです。(たしかSK-4DX、もう売ってしまいましたが)

4弦でしたが、たしか新品6万円くらいで買えました。

この頃は、いろんなベースの音を知らなかったのですが、「弾きやすさ」と「サウンドメイクの幅広さ」で試奏して即決した記憶があります。初心者の僕は満足でした。

シリーズ

skylineシリーズは5種類です。

  • SK-5DX
  • SK-4DX
  • SK-5CL
  • SK-4CL
  • SK-460

初心者には断然おすすめskylineシリーズ

コスパで言えば、かなりいい楽器です。

しかし、本業で音楽をやる人にとっては物足りない部分もあります。

音の粒が粗かったりと、満足できない人もいると思います、

価格

価格はUSA>shoreline>skyline

大体こんなかんじです。

  • USA series(~50万)
  • shoreline series(20万程度)
  • skyline series(~10万)

中古は全然安いのがあります。USAなのに20万以下のものとか・・

むしろ僕は中古がおすすめです。(状態にもよりますが)

前オーナーによって弾き込まれている個体なんかは、電気回路的にも、木材的にも馴染んで、最初からいい音が出るのです。

革製品の靴やカバンや財布も同じですよね。新品は硬く手に馴染まないけど使ってるうちに・・

あんな感じです。

LAKLAND弦

LAKLANDの純正の弦もあります。

僕も使用したことがありますが、抜けが良くて、パンチのあるサウンドが得られました。寿命も長かったです。

tetsuyaさん(L’Arc-en-Ciel)もLAKALND愛用者ですが、LAKLAKDに「HI-BEAMS(DR)」を張ってることも有名ですよね。 僕も試しましたがめちゃくちゃいいサウンドです。

LAKLANDのここがすごい

LAKLANDの凄さをザっと教えちゃいます。

パッシブベースになる

これ、すごいですよ!!

アクティブベースなのに、ボリュームつまみを引っ張るとパッシブベースになるんです。

しかも、他のパッシブベースに劣らない、かなりいいサウンドです。

例えば「音の輪郭が目立つんだよなぁ」とか「この曲はパッシブで弾きたいけどベース2本持ってくのは重い」

そんな時は1本あれば大丈夫なわけです。

幅広いサウンドメイク

「サウンドメイクの幅広さ」

これは間違いなくほかの楽器よりも優れています。

本体に3バンドEQつまみがついているからです。

ちょっとLOWが足りないなぁなんて時は手元で調整できてしまうので、ライブやリハの時は役立ちます。

他の楽器に馴染む音

そして肝心な「音」ですが、ギラギラしすぎず、存在感もしっかりある音なので他の楽器の音に埋もれる、消されることがあまりないような気がします。

個性も強すぎず、バンドアンサンブルにもよく馴染むので、全体で合わせて音が浮いてしまう心配もありません。

デメリット

逆にデメリットを紹介します。

持ちにくい

1つ目は持ちにくい点です。

シェイプのせいか、座って演奏するときは脚からずり落ちてきます。

立って弾く分には何の問題もありません。

3弦の出力が弱い

2つ目は3弦の出力が弱いです。

これはPU(ピックアップ)に原因があります。

bartolini製のPUだったころはそんなことがなかったのですが、近年LALKAND純正のPUに変更されました。ここから出力が弱いという報告が多くなった気がします。

僕もオーダーでUSAのDeluxeを作ってもらいましたが、3弦の出力が弱かったです。(LAKLAND純正PUでした)

なのでPUだけMM-5(tetsuya model)に変更して、改善しました。

古い個体にはbartoliniが搭載されているので、問題ありません。むしろ音に張りがあるので、弾いててめちゃくちゃ気持ちです。さすがbartolini!アタック音が全然違います。

まとめ

今回はハイエンドベースLAKLANDについてまとめました。

いかがでしたか?

実際に使用している僕目線で書きましたが、楽器や音には好き嫌いがあるので、参考程度してもらえればと思います。

何か疑問等ありましたら、コメント欄やDMで送ってもらえればお答えします。

それでは、またお会いしましょう。

-ベース, 楽器, 音楽
-, , ,

執筆者:

関連記事

【音楽編】ファイル形式の種類

みなさん、音楽は好きですか? 最近ではCDなどではなく、ダウンロードやストリーミング再生で音楽を楽しんでいる人も多いかと思いますが、データとして保存されている音楽はいったいどんな形式になっているのでし …

【マイクの特性】コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い

マイクは、音を拾う、「収(集)音器」 音が出る機械でも、音を録音する機械でもありません。 今回は、そんなマイクについて解説します。 マイクの種類 マイクには、コンデンサー型とダイナミック型があります。 …
アイコン

【初心者必見】チューニング基礎講座

みなさん、こんにちは。 みなさんは、チューニングのやり方、大丈夫ですか? 楽器を演奏する上で最も大事なチューニングですが、やり方次第で音がすぐ狂ってしまいます。 そもそもチューニングとは、楽器の音の調 …

知らないと損する?【エフェクターの基礎知識】

エフェクターとは一般的に楽器の音を変化させるツールとして認知されています。 一体、どんなものがあるのか、楽器側から接続順に見ていきましょう。 フィルター系 “濾過装置” と訳すことのできるフィルター系 …

【失敗しない】オーディオインターフェースの選び方

オーディオインターフェースとは、声や演奏した音をパソコンに取り入れたり、パソコン内の音源をスピーカーやイヤホンから出力してくれる役割をもち、人とパソコンの”仲介役”とも言える機 …


■サウンドクリエイター

■動画クリエイター

■フォトグラファー

—profile———

音楽とApple製品を愛してます。BASS、作曲(DTM)、撮影編集を得意とし、クリエイティブ業界で生きてます。自分の経験から得たノウハウを次世代の人やアーティストへ発信していきます。

■音源制作、動画編集、撮影の依頼、受付中
◆相棒はネコの”プリン”です。