YOUTUBE

サムネイルが命【YouTube動画再生数を稼ぐ方法】

投稿日:2021年1月25日 更新日:

『YouTubeの再生回数が伸びない』
そう悩んでいる人は少なくないはずです。
YouTubeの再生回数には、サムネイルのクオリティが大きく関係しています。
今回は再生回数UPに繋がる、サムネイルの作り方を解説します。

動画はサムネが命です

サムネとは、サムネイルのこと。 動画を選ぶとき表示されてる画像のことです。

ユーザーが動画を選ぶときに、クリックするかしないかを大きく左右します。 サムネで再生回数が大きく変わると言っても過言ではありません。

サムネはセンス

サムネは写真や文字を組み合わせ作ります。 なので、センスがないと作れないよと諦めかけている人もいると思います。 しかし、サムネ制作にはある法則があるので、その通りに作成すれば誰でも簡単に、目を引くサムネ画像が作れます。

今回は、初心者にも分かりやすく説明します。

サムネイル制作

サムネ画像サイズですが

解像度: 1280×720(最小幅が 640 ピクセル)
画像ファイル形式: JPG、GIF、PNG など
画像サイズ: 2 MB 以下
アスペクト比: できるだけ 16:9 (YouTubeで最もよく使われるため)

これがおすすめのサイズです。

解像度

解像度とは、画像の密度、つまり画像の細かさで、数値が高いほど、拡大してもぼやけにくくなります。

画像ファイル形式

画像ファイル形式は JPG、GIF、PNG であれば、確実にアップできます。

画像サイズ

画像のサイズは2 MB 以下です。

アスペクト比

アスペクト比とは、画像の縦横の比率です。
16が横、9が縦でワイドと呼ばれます。
(4:3はスタンダード)

推奨サイズを守らないとどうなる?

推奨サイズを守らず、縦長の画像をサムネにすると、左右の空いたスペースに黒い幕がかかったようになってしまいます。

そんなサムネの動画を見たくないですよね。

クリック率をあげるためにはサムネのサイズもとても大切なのです。

サムネ制作ツール

サムネ作成ツール
  • Canva
  • Crello
  • Picmaker

この3つがおすすめです。

サムネ作りのコツ

それでは、センスがないと思っている初心者でも簡単に作れる法則を教えます。

  • 動画をテーマを入れる
  • 写真は必ず使う
  • 色のバランス
  • 文字のフォントとサイズ
  • 情報をつめこまない

動画のメインテーマ

まず、サムネに入れる動画のメインテーマを決めます。

これは何の動画なのか、誰でもわかるようなキーワードがいいです。

例えば、商品比較の動画であれば、「比較」の文字は必須ですよね。
ドッキリの企画動画なら「ドッキリ」とか、曲の演奏なら「曲名」、ゲームの解説動画なら「ゲーム解説」といった文字は必ず入れましょう。

→キーワードは単語です。

サブタイトルを小文字で

そして、サブタイトルとして、動画の細かい説明を付け足します。

たとえば、

  • 「誰でもできる(簡単料理)」
  • 「元Yahoo!エンジニアによる(PC講義)」
  • 「これであなたも-10歳(ヨガ)」

こんな感じのメインタイトルを引き立たせるサブワードを小文字で入れます。

→あまり長すぎない10字程度が望ましいです。

文字フォント

この時文字のフォントも意識しましょう。
文字フォントで印象がかなり変わります。

丸めのフォント→柔らかく
鋭いフォント→きつく

動画の内容似合わせてフォント選びをすることが大切です。

文字と背景の色のバランス

入れる文字が決まったら、文字色と背景色(背景画像)とのバランスを決めます。

背景が青なのに、文字が水色のように、同系色を重ねるとインパクトが弱まり、目につきにくくなります。

赤背景に緑文字というようにくっきり背景と文字が判別できる色をチョイスします。

文字から連想できる色を使うのが一般的

ここで注意したいのが、文字色は文字に合った色を選びます。
たとえば、「炎上」の文字が水色というような、似合わない色を使うのは避けましょう。

メインテーマ文字の縁取り

メインテーマの文字は縁取るとこでくっきりと文字が浮き上がります。

インパクトを出すのにおすすめです。

写真の重要性

サムネに写真は絶対入れましょう。
イラストやキャラクターでもOK

動画には主人公が必要で、動画の主人公になる、人やキャラクターを必ず入れましょう。

また、物のレビューや比較であればその物の画像かロゴも入れるようにしましょう。

→視認性のUP

一般的には人物が切り抜きで入ることが多いです。 画像を切り抜きたい場合こちらのサイトで簡単に写真の切り抜きができます。

removebg

写真の表情

人物を使うのであれば、表情が大事です。

  • 楽しい系動画なら「笑う」
  • 悩み系の動画なら「考える」
  • 対戦系の動画なら「怖い顔」

その動画内容にあった表情が大切です。

表情だけではなく、たとえば

  • 運動系動画なら「汗をかく」
  • 睡眠のテーマなら「パジャマを着る」
  • 夏のテーマなら「海パンにサングラス」
→服装や手に持つ物などを変えてみるのも、クリック率をあげるのにかなり効果的

※動画のテーマによっては、アイデアが湧かないなんてときは、コメント欄より質問いただければ、ご提案いたします。

まとめ

サムネは動画の再生回数に大きく関わりますので、手抜きせず、しっかり時間をかけて作り込むことをおすすめします。

-YOUTUBE
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【GoProサブスク】年間6,000円受けられる保証 サービスが魅力的です

GoProにもサブスクがあります。 今回はその内容を解説します。 サブスクリプション サブスクとは、「サブスクリプション」の略で、毎月もしくは毎年ごと一定の利用料金を支払うことでサービスを受けられる仕 …

YouTubeアカウント作成手順【誰でも簡単にチャンネル作成&動画投稿ができます】

今回は、これからYouTubeを始めようと思っている人向けに、わかりやすくチャンネル立ち上げの手順を説明します YouTubeチャネル開設手順 ≫手順 【その1】 Googleアカウント作成 【その2 …

【COSTCO商品紹介】1月18日の購入品を紹介します

はい、こんにちは。 1月18日にコストコに行ってきたので、その時買った商品を紹介します。 コストコとは、世界に700店舗、日本国内26店舗あるアメリカ発『会員制の大型倉庫店』です。 倉庫というだけあっ …