Apple DTM Logic Pro X 音楽機材

Logic Pro Xの機能、初心者におすすめなDAWソフト

投稿日:2022年7月23日 更新日:

作曲を始める人

Logic Pro Xを買おうか迷っているんだけど、初心者の僕でも使いこなせるかな。一体どんな機能があるのだろう。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、「全然大丈夫です!」

むしろ初心者であれば、Logic Pro Xがいいと思います。

作曲するためにはDAWソフトが必要不可欠。逆にDAWソフトとPCさえあれば、楽器がなくても曲は作れてしまいます。言い換えれば、DAWソフト選びで全てが決まってしまうと言っても過言ではありません。

そこで今回は、大学の頃からLogic Pro Xを使用してきた、作曲歴10年の僕が、今まで使ってきたLogic Pro Xの機能について解説していきます。言ってしまえば、初心者やパソコンが苦手な人でも使いやすいDAWソフトがこのLogic Pro Xなのです。

そんな初心者でも使いやすい機能を紹介していきます。

Logic Pro X

logic

Logic Pro XはAppleから開発、販売されているDAWソフト(音楽制作ソフト)で、Macでのみ使えるのが特徴です。

YOASOBIのコンポーサーAyaseさんもこのLogicを使用し、世界でも多くのトップミュージシャンが使用しているDAWソフトです。

インスタの僕の投稿を貼っておきます。

Appleのソフトということだけあって、操作性が優れており、インスピレーションをそのままソフトに落とせる使いやすさが僕は気に入ってます。残念ながらWindowsでは使えませんが、5台のMacでライセンス共有ができるので、家ではiMac、出先でMacBookといったように別のパソコンでDAW共有ができることも嬉しいですね。

参考価格:24,000(tax in)

値段は買い切り価格なので、かなり安いです。そして、価格が安いから、制限があるとか、プロユースではない ということではなく、あくまでAppleの製品なので、アプリをダウンロードすればすぐに使える点が嬉しいです。

≫App StoreでLogic Pro Xをダウンロード

有名なDAWソフトと言えば

  • Pro Tools
  • Cubase
  • studio one

この辺りが有名です。Pro Toolsはプロの現場でよく使用されているDAWで、操作が若干複雑です。Cubaseは中田ヤスタカ氏など多くのユーザーに愛されてるDAWです。僕の周りでも使っている人が多いですね。

Logic Pro Xのおすすめ機能

ここで、Logic Pro Xのおすすめ機能をご紹介します。Logic Pro Xでしか使えない機能もたくさんあるんです。

  • Apple Loops
  • Drummer
  • クオリティの高い純正プラグイン
  • Logic Remote
  • 便利ショートカットキー

この5つを順に解説していきます。

その①:Apple Loops

Apple Loopsとは、内蔵されているMIDI/オーディオ素材のことで、ドラッグ&ドロップで簡単に取り入れられます。これがめちゃくちゃ便利でLogic Pro Xにしかない機能なので気に入ってます。

なんならこの機能だけ(ドラッグ&ドロップ)だけで曲が作れてしまうくらい。種類がめちゃくちゃあるので、迷ってしまいますが、初心者でも直感的に操作ができるLogic Pro Xならではの機能です。

Apple Loopsにある素材ファイルは

  • オーディオファイル
  • MIDIファイル
  • Drummerファイル

この3つ。以下のカテゴリーで欲しい素材を検索すればすぐにお目当てのものが見つかります。

  • インストゥルメント
  • ジャンル(Rock、R&B、ブルーズ)
  • 詳細設定

自分が欲しい素材を絞り、探すことができます。

素材をループさせることで、ドラムの8ビートのキックやハイハットなどは手軽に取り入れられます。とりあえず、ドラムのビートを適当に選び、それに合わせてギターやベースを弾く、練習用のツールとしても使えます。

ギターのリフもたくさんあるので、そこからインスピレーションを貰うのもよし、ギターが弾けない人は素材として活用することもできます。

使い方はさまざまなので、最初は遊んでみるといいと思います。

≫Apple Loops

その②:Drummer

Logic Pro Xには、「Drummer」という機能があります。これは、AIによる空想ドラマーが曲に合わせて叩いてくれる機能です。控えめに言って、めちゃくちゃ便利です。

もちろんLogicのみの機能です。

ギターをやっている人なんかは、このDrummerを使って練習したり、曲の構成ができたら、Drummerを使ってドラムパートを入れることでガラッと雰囲気が変わりますので、新たなインスピレーションが湧いてくるかもしれません。

≫Drummer

その③:クオリティの高い純正プラグイン

Logic Pro Xは純正のプラグインも豊富です。

  • コンプ
  • リミッター
  • ディレイ
  • イコライザー

これらのプラグインについては、インスタの投稿で紹介していますので、参考にしてみてください。

≫【Logic Pro X】プラグイン

その④:Logic Remote

Logic Remoteとは、iPhone/iPadを使って、遠隔でLogicを操作できるアプリです。

これにより、パソコンの前でなくても録音や、再生などちょっとした操作であれば遠隔で行うことができます。(Wi-Fi環境、もしくはケーブル接続)PCの前で演奏しない場合や、演奏動画の撮影では役立つ機能です。

≫Logic Remote

その⑤:便利ショートカットキー

Mac bookならではのショートカットキーこれは絶対に覚えておきましょう。制作スピードが爆上がりします。

  • ■基本操作
  • 録音「R」
  • 再生/停止 「スペース」
  • 最初へ戻す「Enter」
  • クオンタイズ「Q」
  • ミュート「M」
  • ソロ「S」
  • クリック 「K」
  • サイクルモード「C」
  • 1小節戻る/進む「,.」
  • ■表示切り替え
  • インスペクタ「I」
  • ピアノロール「P」
  • ミキサー「X」
  • オートメーション「A」
  • ライブラリ「Y」
  • ■コマンドキー操作(⌘command+)
  • コピー「C」
  • ペースト「V」
  • カット「X」
  • 一つ戻す「Z」
  • 全選択「A」
  • ■新規トラック追加
  • Option+Command+「S」
  • Option+Command+「A」
  • ■レガート適用
  • Shift+「¥」

≫Logic Pro X ショートカットキー一覧

ショートカットキーを自分好みにカスタマイズしたい時は

「メニュー」→「Logic Pro X」→「ショートカットキー」→「編集」

から編集ができます。

ショートカットキーは他でも役立つことがあるので、覚えておいて損はありません。ひとつでも多くのショートカットキーを覚えて、効率よく制作作業をしていきましょう!

≫【Logic Pro X 】MIDI編集 役立つ時短ショートカットテクを覚えましょう

Logic Pro Xの便利機能は以下の記事で解説しています。

-Apple, DTM, Logic Pro X, 音楽機材
-,

執筆者:

関連記事

MIDI編集

【Logic Pro X 】MIDI編集 役立つ時短ショートカットテクを覚えましょう

Logic Pro Xのピアノロールにて、MIDIデータの長さを変更するために使える便利な小技をいくつかご紹介します。 鍵盤がうまく弾けない人でも、この編集方法を覚えてしまえば、マウスとキーボード操作 …

D.I(ダイレクトボックス )が必要な理由【音質劣化はインピーダンスが原因です】

今回はD.Iについて説明します。 D.Iとはダイレクトボックスのことで、楽器(ギターやベース)をインターフェースやミキサーに接続する時に使用します。(Direct Injection boxの略) D …

【ベース】音作りのコツ

ベースの音作りって難しいですよね。 「正解がない」のが音楽の世界で、自分が納得できれば完成みたいなもので、それが初心者を悩ませますよね。 僕にも求める音が作れず、スタジオで試行錯誤していた日々がありま …

イコライザーはなぜ必要?【まずは周波数特性を知ろう】

イコライザー (Equalizer) とは、音声信号の周波数特性を変更する音響機器です。 特定の周波数帯域を強調(ブースト)または減衰(カット)することができ、音質の補正や改善、積極的な音作りができま …

知らないと損する?【エフェクターの基礎知識】

エフェクターとは一般的に楽器の音を変化させるツールとして認知されています。 一体、どんなものがあるのか、楽器側から接続順に見ていきましょう。 フィルター系 “濾過装置” と訳すことのできるフィルター系 …